契約書作成・契約書チェック

契約書

契約書というと難しい法律用語や専門用語を使うイメージがあると思いますが、互いの約束事を文章にするのが基本で、難しい言葉を使わなくても良いのです。

 また、公の秩序を定めた強行規定に反しない限り、自由な内容の契約を結ぶ事が出来る契約自由の原則が民法第91条に定められています。

 民法には契約に関する規定が多くありますが、これらの規定ですべての契約をカバー出来る訳ではありませんので、個別に契約書を作成する必要があります。契約書の作成にあたっては強行規定に反しないように注意し、任意規定の内容に沿うようにもしくは任意規定の内容を修正するようにしなければなりません。契約当事者が求める正しい効果のある契約書を作成し、後々のトラブルを防止することが大切なのです。

不動産に関する契約

不動産売買契約書
  • 土地・建物の売買契約
  • 土地・建物の賃貸借契約
  • 不動産の贈与契約
  • 不動産の使用貸借契約

動産に関する契約

  • 動産の売買契約
  • 動産の賃貸借契約
  • 動産の贈与契約
  • 動産の使用貸借契約

金銭に関する契約

  • 金銭貸借契約
  • 金銭貸借の予約契約

債権・有価証券に関する契約

  • 債権譲渡契約
  • 免責的債務引受契約
  • 株式譲渡契約

労働契約

雇用契約書
  • 労働契約
  • 身元保証契約
  • 臨時雇用の労働契約
  • パートタイマーの労働契約

商取引に関する契約

  • 継続的売買契約
  • 委任契約
  • 請負契約
  • 寄託契約

夫婦・親族に関する契約

  • 夫婦財産契約書
  • 遺産分割協議書

その他の契約

  • 知的財産権に関する契約
  • 後見に関する契約
  • 交通事故に関する契約
  • 近隣に関する契約
  • その他の契約
ホームへ戻る
  ホームへ戻る